おすすめ!フリーランスという仕事のメリットとデメリット

フリーランス事情に迫る!

フリーランスになって感じたメリット・デメリット

LINEで送る
Pocket

フリーランスになるなら考えたいメリット・デメリット

働き方に対する考え方が柔軟になるにつれ、フリーランスへの関心が高まってきています。IT系の仕事は特にフリーランスとの相性がよく、入社から数年で独立を検討する人が少なくありません。ここでぜひ考えておきたいのが、フリーランスのメリットとデメリットです。

自由にチャレンジしたいエンジニアにおすすめ

フリーランスになると、会社員時代には味わえなかったような自由があります。働く時間や場所をどうするのか、最終的に決定するのは自分自身。朝が苦手なら夜に働くこともできますし、自宅やカフェ、もしくは企業で働くかを決めるのも自由です。自分の力を一番発揮できる環境を自分で選べるというのは、ITエンジニアにとって大きなメリットです。
報酬よりも経験してみたいプロジェクトを意識的に請け負うなら、エンジニアとしてさらにレベルアップし、結果的にさらに高単価の案件を獲得できるようになるでしょう。専門領域を広げるのか絞るのか、方向性を定めればさらに仕事を選びやすくなります。ある程度仕事が選べるようになれば、収入もコントロールできるようになります。一定期間集中して働いてお金をストックしてから長期間の休暇を取ることもできます。やればやっただけの結果が収入として返ってくると、大きなやりがいを感じます。
ここまででもメリットとしては十分なものがありますが、忘れてはならないのが人間関係に関するメリットです。上司や同僚といった存在がなくなるので、この部分でストレスを感じていた人にとってはかなりの環境の変化です。心に余裕を持てるようになれば、いい仕事にもつながります。

デメリットについてもしっかり検証

自由と引き換えに背負うことになるのが責任です。お互いのミスをカバーし合う仲間もいなければ、後ろ盾となる会社もありません。自分で出した成果が良くても悪くても、その評価を全て自分がかぶることになります。自分から積極的に情報収集をしていかないと最新事情についていけなくなるのも、ITエンジニアなら気をつけたい部分です。
モチベーションのコントロールが難しいのもフリーランスのデメリットです。最初のうちは気を張っているのでやる気をキープしやすいかもしれませんが、慣れてくると生活がだらけてしまう危険もあります。自らを律しつつ、常に成長し続けることができる人ばかりではないというのもフリーランスの現実です。
そして、何よりも大きなデメリットとなるのが、収入の不安定さです。「今は良くても来月どうなるかわからない」という不安は、どこまでいってもついて回ることになるでしょう。病気やケガなど、不測の事態によって働けなくなった時、収入が完全に途絶えてしまうリスクもあります。

Special

  • 知っておこう!職種別の特徴と収入
  • フリーランスが多い国ベスト5!
  • フリーランス先進国のアメリカ!日本との違い